職務経歴書の書き方

職務経歴書の書き方でお困りですか?

 

職務経歴書は採用企業が面接するかを判断する上で重要かつ唯一の書類です。

職務経歴書には自分のただ経歴を記載するだけでなく採用企業にとって魅力的に映るアピールも忘れてはいけません。

 

このページでは、職務経歴書の書き方、魅力的に見えるポイントについてご紹介します。

書き始める前にすること

1)自分の経歴を洗い出す

職務経歴書は過去の経歴を紹介する書類です。

最初のステップは過去に自分のやってきたことの洗い出し作業。

紙に書く、頭の中に思い浮かべるでも大丈夫。これまで自身がやってきたことを思い浮かべてみましょう。

2)経歴を具体的な数値、言葉に落とし込む

過去の経歴書を洗いだしたら、それぞれ成果を数値や具体的な言葉で落とし込みます。

 

例)

営業職の場合⇒売上1500万円を達成し、目標を120%達成。社内50名中2位の営業成績を残す。

人事の場合⇒社内のコミュニケーションを円滑にする施策、個別の面談を導入し、離職率が5%低下しました。

3)自己PRで自分の強み、得意分野を表現する

なぜ結果が出せたのか?どんな時にやりがいを感じてきたのか?どんなことをさせると得意なのかを自己PRに落とし込みます。

 

採用担当者が「この人を採用したら●●が起こるかもしれない」とイメージできる内容になれば完璧です。

4)志望動機で応募理由をストーリーにしていく

経歴、得意分野で考えた成果、実績に対し、なぜ結果が出せたのか?どんな時にやりがいを感じてきたのか?なぜ転職をしてきたのか?

これが1つにつながるようストーリーにしてください。

経歴書を書いてみよう

5)フォーマットに落とし込む

出てきたストーリーは早速職務経歴書のフォーマットに落とし込みます。

職務経歴書は1からフォーマットを作成せず、既存のフォーマットを利用するとより効率的に作成ができます。

職務経歴書でも職種事のフォーマットを無料でダウンロード提供しています。ぜひご利用ください。