採用企業に刺さる志望動機の書き方

採用企業にとって志望動機は職務経歴書の中で最も重要視をするポイントです。

特に社風を大切にする会社にとっては、スキルや経験よりも「自社の社風に合うか」という点を重視しており、その判断を志望動機を通して見ています。

 

人材の価値は「能力・経験」×「モチベーション(やる気)」で決まると言われています。

いくら経験や能力があってもモチベーションが低くては能力を引き出すことができず、採用後の活躍は見込めません。

 

特に職務経験が少ない、若手の採用では「モチベーション(やる気)」が採用条件になるほど人材のパフォーマンスはモチベーションによって変わると企業は考えています。

 

ではこのモチベーションは採用企業に対してどうやってアピールすれば良いのでしょうか? 面接時などアピールチャンスがいくつかありますが、最初のステップとして 職務経歴書の”志望動機”がこれにあたります。 

志望動機の作成に必要な3つのポイント

志望動機を組み立てるには

  • 「なぜ応募企業に惹かれているのか」
  • 「なぜ事業・ポジションに惹かれているのか」
  • 「自分が企業、応募ポジションで貢献できる理由」

の3つを書くようにします。 「企業に興味がある」と表現しても似たような企業理念の企業は多く存在しますし、採用担当者は「うちの会社でなくても良いんじゃないのか?」と思ってしまいます。

また、「事業内容・ポジション」についても同じです。 ただ、上記に記載したように「私は御社の社風、事業内容に興味があり、今回の募集を知りました。自分であれば今回のポジションで御社に貢献できる部分が多いと感じ今回応募させていただきました」と3つの視点を志望動機に記載すると説得力がグッと増すのです。

【志望動機例 1 不動産業界から飲食店物件開発営業へ応募】

私は、○○市の出身で御社のブランドであるレストラン○○は幼い頃から大好きなレストランとして利用させていただいておりました。

社会人になってからは御社の社長のブログやホームページなどで、社長のブログなどで御社の近況を拝見しておりましたが、その中で御社の人間力、根本となる企業の考え方自体に興味を持ち始め、「自分もこんな環境で挑戦してみたい」と感じ始めました。

これまで不動産業界にて物件の収集、案件マッチングなどを3年経験しており、飲食店舗案件の契約も経験しており今回のポジションで貢献できると確信しております。

店舗開発における経験は未経験ですが、店舗開発に必要とされるであろう、情報収集力、全国を飛び回るフットワークの軽さ、タフな交渉力、自分の頭で考える思考力は持ちあわせていると自負しております。

今回ご縁がございましたら早期に御社の成長に貢献をできるよう努めていきたいと思います。

以上宜しくお願いいたします。 

上記の例のように、「企業に興味がある」という理由を説得力のあるものにするためには「会社」「事業、ポジション」「自分が貢献できる理由」を忘れずに記載しアピールしていきましょう。

応募企業毎に作成する

「職務経歴書も志望動機も似た応募企業が似た業種だから同じものでいいですよね?」

よくこんな質問をいただきますが、絶対NOです。


人事に刺さる志望動機の書き方は、応募企業毎に異なるものであり、同じものは存在しません。

職務経歴書ナビは書類選考率の高い職務経歴書作成を提案しています

そのため、手間かもしれませんが、必ず応募企業を分析して一社毎に考えていきましょう。

志望動機例文


無料で書類通過率大幅UP!? 職務経歴書の作成をプロに依頼しませんか??

「何から書き始めれば良いのかわからない」「人事担当者を惹きつけるにはどこを改善すれば良いのだろう…」職務経歴書の書き方、作成にお困りの方は転職のプロである転職エージェントに相談してみませんか?

 

転職エージェントは転職のプロ。

あなたの希望をヒアリングし、数万件の自社保有の求人の中からあなたに最適な求人を提案、また、転職のプロのみぞ知る「書類選考通過」のための効果的な職務経歴書の作成方法のアドバイスや添削をしてくれます。

 

また、求人応募を依頼する際は応募に必要な応募手続き、面接設定、内定後の条件交渉もすべてエージェントが担当してくれます。(※求人応募は必須ではなく面談、相談だけでも利用可能です。)

 

転職エージェントは採用企業からお金をもらっているため転職者の利用料は無料。

転職の成功確率を高めて効率的に内定を獲得したい方はぜひ一度相談に行かれてみることをオススメします。

 

転職エージェントに職務経歴書の相談をする