自己PRの書き方

職務経歴書内の「略歴」「経歴」「取得している資格」などの項目は、スキルや経験など”過去の実績”を紹介する役割を果します。


それに対し「自己PR」や「志望動機」は、次の転職先で”どういった事をしていきたいか””自分の何が活かせるのか”という”現在や未来”の事についてアピールする役割を持っています。

”転職する”ということは”自分の売込み”と置き換えることもでき、その企業で何をしたいのか、どんな貢献ができるのかという”未来”の事を自らが提案していくように考えて記載してください。


このページでは”伝わる”自己PRの作り込みのポイントを紹介していきます。

アピールは常に他者比較

自己PRは自分の得意な点をアピールすることですが、職務経歴書に書く場合は、自己PRが他の応募者と比べて優れているのか?説得力があるのか?という点を意識して書くようにしてください。

採用担当者は書類選考でどの候補者を面接まで進めるか必ず他の候補者と比較します。

その上で本当にあなたが何を得意としているのかを採用担当者は見ているのです。

書類選考で他の候補者に勝つためにも、必ず応募ポジション、職種、募集背景を理解し、自分が何を活かせるのか?

他の候補者と比べてどこに強みを持っているのかを意識して自己PRを作り込むようにしてください。 

応募企業毎に作成する

アピールポイントというのは、アピールを受け取る人によって変わってきます。例えば、ベンチャー企業への応募と公務員の応募で同じ自己PRを使っても書類選考は通過しません。 公務員であれば転職回数やなどが重要視されますが、ベンチャー企業ではスキルや熱意が重要視されるなど、よく企業の求人を見ればどの企業も求めるスキル、人物像が異なっているのがわかります。 そのため、自己PRは応募する企業、ポジション毎に作成するよう心がけて下さい。

あれもこれも書かず、一つに絞る潔さが大切

自己PRを書く際に陥ってしまうのが、あれもこれもアピールをしてしまうことです。

複数紹介すれば自己PR欄が豪華になり一見良く見えますが、採用担当者からすると「色々あるけど、結局どれも中途半端」と、一つ一つのアピールが薄く見えてしまいます。

そのため、自己PRは本当に自分の過去の中で、自信のあるものに絞って記載するよう心がけてください。

結論→経験→熱意の順で考える

自己PRを作成する際に、これまでの経験や社歴などをただ単に紹介してしまうケースがありますが、自己PRは「結論」→「経験」→「熱意」の順に記載するようにするとまとまりやすくなります。


■「結論」

一番PRとなる能力、性格は何か?結局何が凄いのか?


■「経験」

結論を証明する根拠(これまでの経験、実績)


■「熱意」

上記の事から応募企業でどういう仕事をしていきたいか、どう貢献していきたいかなどを記載します。

職務経歴書の記載事例

とあるエンジニアの場合

 

【結論】

私の強みは現場を知った上でマネージメント管理ができる点だと感じています。

 

【経験】

プログラマーからPMに上がってきたこともあり、プロジェクトを進める上で、プログラマーの能力、工数などを把握することができ、かつ指導も行ってきました。その成果として、通常の半分の納期で開発を行い、年間3000万円のコスト削減にもつながりました。

 

【熱意】

これからもエンジニアとしての経験を活かし、プログラマーSEなどの立場を理解したマネージメントを行っていきたい所存です。 

NGが出やすい自己PR

NGが出やすい自己PR

「コミュニケーション能力が高い」⇒ コミュニケーションは持っていて当たり前の能力です。

また、面接をすればコミュニケーション力があるかどうかは担当者が判断できます。

 

「営業が得意」 ⇒ 本当に営業ができる人は営業が得意だとはなかなか言わないものです。仮に管理職や、デスクワーク系の職種で営業もできるというならPRになりますが、営業職で応募しているならより具体的な部分まで踏み込んでPRを作りましょう。

改良するとこうなる

『営業職のPR例』

私の強みは粘り強さです。 これまで営業でコンペなどに参加してきましたが、90%近い確率で案件を受注してきました。コンペに負けた後もクライアントと密にその後の状況、取引先企業への不満などをヒアリングし情報を集め、再度提案の機会をいただき、案件を勝ち取ってきました。それらの結果も他の営業マンが諦めるラインで「まだまだこれから」という気持ちで地道にコツコツ粘り強く関係を築いてきた結果であると自負しています。 今後も粘り強さという強みを武器に御社で成果を上げていきたいと思っております。

無料で書類通過率大幅UP!? 職務経歴書の作成をプロに依頼しませんか??

「何から書き始めれば良いのかわからない」「人事担当者を惹きつけるにはどこを改善すれば良いのだろう…」職務経歴書の書き方、作成にお困りの方は転職のプロである転職エージェントに相談してみませんか?

 

転職エージェントは転職のプロ。

あなたの希望をヒアリングし、数万件の自社保有の求人の中からあなたに最適な求人を提案、また、転職のプロのみぞ知る「書類選考通過」のための効果的な職務経歴書の作成方法のアドバイスや添削をしてくれます。

 

また、求人応募を依頼する際は応募に必要な応募手続き、面接設定、内定後の条件交渉もすべてエージェントが担当してくれます。(※求人応募は必須ではなく面談、相談だけでも利用可能です。)

 

転職エージェントは採用企業からお金をもらっているため転職者の利用料は無料。

転職の成功確率を高めて効率的に内定を獲得したい方はぜひ一度相談に行かれてみることをオススメします。

 

転職エージェントに職務経歴書の相談をする

 

関連コンテンツ