年収の記載例


「希望年収を高くするとそれだけで印象悪く見えてしまうかも…」

「希望年収を低めに書いてしまうと低いままの年収で内定が出てしまわないか怖い…」 など、お金に関わる交渉毎で悩まれている方は多いのではないでしょうか。


年収は実力に比例しますので、仮に低い年収で入社してもその会社で成果を残せば自ずと評価はついてきます。

ただし、そういう企業ばかりでないのも事実。その場合、入社時の年収が大きく影響しています。

応募企業への印象も配慮した上で可能な限り希望年収を実現する方法をご紹介します。

譲れないラインを決めて、履歴書に明記する

転職をする際に「この年収をもらえなければ転職はできない」というラインがあるかと思います。 例えばあなたの希望年収が600万円で応募企業の給与幅が600万円〜800万円であれば特に希望年収を記載する必要はありませんが、給与幅が400万円〜800万円など幅が広かったり、下限が希望年収に届かない場合は希望年収を記載しておくことをオススメします。 なぜなら、400万円〜800万円の場合、採用側は400万円を前提に考えているかもしれず、書類選考を通過し面接後内定を得ても年収が鼻から合ってあらずお互いの時間の無駄になるからです。

希望年収ではなく自分の価値を伝える

ある企業の営業ポジションで2名まで最終選考まで残った同じレベルの営業Aさん、Bさんの選考で悩んでいるとします。 その際に、

  • Aは「私には子どもが二人いて家のローンもあるので年収500万円は欲しいです」
  • Bは「私は御社の商品であれば粗利で5000万円の成果をあげることができます。なので500万円の年収を希望します。」

と年収を提示されたらどちらを採用したいと思うでしょうか? Aは自分の都合から年収を希望していますが、Bは会社の利益を優先し、自分の価値を示した後で自分の都合(年収)を希望しています。 応募者からすると年収は自分の生活や将来の貯蓄に大きく影響する大切なものです。 その一方、経営者からすると人件費は経費です。 せっかく経費を払うなら成果につながる経費を支払たいと思うのが経営者の常です。 ホンネでは「いくら欲しい」という希望額はあるかと思いますが、まずは自分がどう貢献できるかという価値を提示し、そこから企業側の納得度をみて伝えるのが転職活動をする上では一番良いです。 どうしても生活をする上でこの水準は守っておきたいというラインがあるようでしたら素直に伝えることも有りだとは思いますがそこまで重要ではなければ履歴書上では「御社規定に従います」と記載できることが好ましいです。

年収アップで記載するなら上限は100万円

現在の年収より上の年収を記載したいという場合、妥当なラインは現在年収から100万円上乗せです。

400万円から500万円。500万円から600万円というラインでは転職の際によくある話で、スキルや経験が評価され企業が払ってもいいなと思うラインです。

それ以上、例えば300万円から500万円などの場合はよっぽど何かに自信があったり需要と供給のバランスが合致しないと履歴書の段階では記載しないほうが良いです。

※例外として例えば年収が1000万円を超えてくると与えられるポジションも出せる成果もだいぶ変わってきます。その場合は200万円、場合によっては500万円くらいの評価で変わってきます。

年収交渉に転職エージェント活用する

今回の転職で年収の優先順位が高いのであれば転職エージェントの活用をオススメします。 転職エージェントはいわゆる転職活動におけるあなたの代理人の役割を果たします。 主なサポート内容は…


■カウンセリング(無料) まず、面談を行い、あなたの転職における希望、これまでのキャリアをヒアリングし、現在の転職市場の同行や企業が求めている人物像などのアドバイスをくれます。 
■求人の紹介 転職エージェントが企業から直接依頼を受けている数千~数万の求人の中からあなたに最適な求人を紹介してくれます。
■企業応募、面接設定・対策 好みの求人が合ったら応募の依頼を出せば応募手続き~面接の設定まですべて代行してくれます。また、面接対策や職務経歴書のアドバイスもくれます。
■年収、条件交渉 企業から内定が出た場合、あなたに代わって第三者の立場であなたの経歴をアピールし、年収の交渉、入社時期の交渉、その他直接聞きにくい残業時間などの事前ヒアリングも合わせて行なってくれます。
■サポートはすべて無料 転職エージェントは求人依頼を受けている企業から報酬を貰っているため、人材へのサポート料金はすべて無料です。